ウーマン

マンション投資の際の物件売買や空き家の管理について

時間があまりない

ローンの支払いが難しくなると、住宅を売却することになります。競売よりも任意売却の方が高価格で販売できるので、早い段階から不動産会社に相談しておきましょう。任意売却できる期間は限られているため、滞納から3ヶ月後の売却可能期間に入ったら、すぐに行動に移す必要があります。

マンションを売りたい場合

マンションを売りたい、マンションの金額を知りたい、と考える方におすすめなのがマンション査定です。マンション査定とは専門の不動産会社に現在のマンションの価値を査定してもらうことで、売るとどのくらいの金額が出るのかを算出してくれます。

オススメサイト

  • 株式会社 松山興産

    長岡京市で不動産物件の紹介を希望したいと思う人はいませんか?気になる人はここの情報を確かめておくようにしましょう。
  • 株式会社 三栄地所

    住宅ローンの任意売却に関する疑問なら一度こちらに相談しませんか。知識を習得したスタッフが親身に対応してくれますよ。
  • CRP流通サービス

    宇治市で不動産のスタッフに申し込みをしたいと思っているならこちらからとなりますよ。気になる人はココを参考にしてみましょう。
  • 株式会社フラワーホーム

    越谷で不動産会社を探しているなら、こちらがイチオシ。マイホームの購入から事業用の物件提案まで幅広く行なっています。

空き家を貸し出す

空き部屋

家賃収入など目的に家やマンションを買った場合や、購入した家があり、以前は住んでいたが現在は誰も使っていないという物件をお持ちの方なら、空き家の管理をどうしようかお悩みになったことがあると思います。空き家の管理は主に2つあり、管理会社に設備の管理や定期的な見回りだけをお願いする方法と、空いている部屋や家を不動産業者に貸し出し、定期的な家賃収入を得るという方法です。後者の方法であれば、空き家の物件管理が出来て家賃収入まで見込めます。この方法を利用する人は以前に比べて劇的に増えているといえるでしょう。
不動産業者などを仲介し、自分の所有する空き家に人が住んでくれるので、家や部屋の経年劣化が少なくなります。このような管理を依頼する時はどのような業者に依頼すれば良いのでしょうか。
上記のような留守中に貸し出す方法をリロケーションといいます。不動産業者が行っていることが多いですが、不動産業者でも業者ごとに得意分野と不得意分野があります。必ずリロケーションの実績のある会社を選びましょう。この時に必ず複数の業者に依頼し、一番いい条件を提示してくれる業者を選びましょう。リロケーションを扱う業者でも、会社ごとにサービス内容はかなり異なります。
また、リロケーションでは空き家を管理してもらい、家に戻りたくなれば戻ることができるというメリットもあります。このような点を考慮して、信頼のおける業者に相談してみましょう。

リノベーションするなら

杉並区内で中古マンションを購入する場合、マンションの構造にも注目してみましょう。将来的にリフォームやリノベーションを考えるのであれば、間取りを変更しやすいラーメン構造で建てられたマンションがおすすめです。