男女

マンション投資の際の物件売買や空き家の管理について

時間があまりない

相談

早く良い不動産会社を探す

任意売却は自分ではできないので、任意売却を取り扱っている不動産会社や専門の会社に相談しなくてはいけません。その時に大切なのがなるべく早く相談するということです。どうがんばっても住宅ローンを支払い続けるのは無理だと思ったら、すぐに任意売却を取り扱っている不動産会社を探した方が良いでしょう。不動産は高価なものなので、売却するのには時間がかかります。また任意売却が可能な期間は限られているので、早く相談した方が金融会社との交渉も売却も余裕をもってすることができます。実際に任意売却の手続きが取れるのは、住宅ローンの滞納が続いて債権者が金融会社から保証会社に移行してからです。滞納を始めて3〜6ヵ月ほどたつと、これまで届いていた督促状とは違う期限の利益の喪失を通知する書状が届きます。この書状が届いてから競売開始日前日までが任意売却が出来る期間で、長くても10ヶ月程度、短ければ数ヶ月しかありません。この間に家が売れなければ家は競売で売却されます。また任意売却は取り扱う不動産会社の手腕によって、売却後の生活に違いが出てきます。十分な引越し費用を出してもらいたかったり、無理のないように残った住宅ローンを支払えるようにしてもらいたかったら良い不動産会社を探す必要もあります。電話やメールで相談ができるので、まずはいくつかの不動産会社や専門会社をあたってみると良いでしょう。相談の際にはこれまでの実績や専門知識を持つスタッフがいるかも確かめておきましょう。